女子必見!美肌にいい食べ物

女性なら、誰でも美容には興味がありますよね。
「大きな目にする方法!」とか「美肌にする方法!」とか美に関することならなんだって試したいものです。中でも毎日メイクが欠かせない女子にとって、肌のお手入れは必須ですね。
そんな肌を内側からも美肌にするための食べ物をご紹介します。

美肌になるためには

「肌は内臓を写す鏡」とも言われ、バランスの悪い食事や内臓が弱ってくるとすぐに肌に現れます。また、女性なら避けることのできない生理の時期などは特に肌荒れなどが悪化します。美肌のためには、バランスのいい食事が必須なのですが、食生活の乱れは肌だけでなく、生活習慣病や肥満なども引き起こしてしまいます。一番は、主食である炭水化物、肉・魚類、卵や大豆製品、野菜・果物など全てをバランスよく摂取することですが、なかなか忙しくて調理できない方もいると思うので、その時その時の肌の調子に合わせて食べ物を選ぶようにするといいでしょう。

ニキビ肌には

例えば、ニキビなどで悩んでいる場合は、ビタミンB2,B6を多く含む食べ物を選ぶようにするといいです。ニキビの原因となる皮脂の分泌を抑える働きのある食べ物が効果的です。ビタミンB2を多く含む食べ物は、卵類やアーモンドなどがあります。また、ビタミンB6を多く含む食べ物には、緑黄色野菜や魚類などがあります。ビタミンCなどと一緒に摂取すると効果も高まりますよ。

シワやたるみ、乾燥肌には

乾燥肌にお悩みの方もいるでしょう。そんな乾燥肌には保湿が大切です。ヒアルロン酸は保湿を助ける働きがあるので、ヒアルロン酸を多く含む食べ物を摂取しましょう。
動物の軟骨やフカヒレなどがあります。また、新陳代謝を活発にするために亜鉛も大切なので、牡蠣やホタテ、納豆なども積極的に摂取するようにすれば、乾燥肌も改善していきます。
また、シワやたるみには、ビタミンCやたんぱく質などが欠かせません。ビタミンCを多く含む柑橘類やトマトや人参などの野菜を摂取するようにしましょう。
逆に肌にあまりよくない、揚げ物やスナック菓子などは取りすぎると肌を老化・酸化させるので、ほどほどにしましょう。

毎日メイクをしたり、仕事が忙しくて睡眠時間が少ない働く女性は体の不調から肌に影響がでてきてしまうことが多いと思います。また、子供を育てる主婦の方もなかなか子育てが忙しくて自分の肌のケアがおろそかになってしまいがちですよね。ですが、肌には確実にダメージが蓄積されていきます。今からでも遅くはないので、食生活を見直して美肌を目指しましょう。